ホタル舞う里で体験農業 お問い合わせフォームへ
HOME 稲作オーナー 田植え体験 稲刈り体験 野菜収穫体験 果物収穫体験 バーベキューサービス 料理教室 出張 昼市 サバイバル・コミュニケーション・フィールド
 

梅もぎ取り・加工


花言葉は「高潔な心」。「花」と言えば「梅」。奈良時代の季節を
代表する季語でもある「梅」です。2月のひとあし早い春を感じさせる暖かい日差しの中、力強く咲く姿は、訪れる人の心を和ませてくれます。その木は6月には実を結び、梅酒、梅干と形を変え、長期に渡り、
人々の食と健康に関わっています。
今回は、梅の木の所有者の協力を得て、梅もぎとり体験と実施、その後
皆様のご家庭で梅干や梅酒の加工を試してみてはいかがでしょうか。
 この梅もぎとり体験が親子で身近な食を考える機会となることを
願っております。

<梅もぎとり体験実施要領>
<開催日>2017年 6月 4日(日)
<栽培品種> 白加賀、南高  無農薬栽培
<集合時間>10時
<場所>千葉県大網白里市金谷郷1356―2
    農村ふれあいセンター付近の梅の木(畑)
<料金>もぎとり 1kg 1,000円/白加賀 上限50kg
現地の量り売りで現金清算となります。
<もぎとり時の注意>未成熟の梅は有毒要素を持った状態である場合が
あります。もぎとり時、またはその後、梅を適切な加工処理をするまでは口に入れないようにお願いします。その点をご理解いただいた上で
お申込みくださいますようお願いいたします。

<服装>長靴、帽子、長袖、長ズボン、
<持ち物>利用代金、デジカメ、梅の入れ物
「竹棒」や「ブルーシート」はこちらで用意する予定です。
<参加方法>下記お問い合わせフォームより予約ください。
確認の電話を受けて、参加を了承された時に予約成立となります

お問い合わせ
<定員>各日先着 5家族。
<申込み期限>各開催日4日前の18時まで。
(定員に達した段階で募集は終了します)  

<よくある質問&回答>
Q1.梅はどのように加工すれば良いのでしょうか?
A1.料理本などの専門書、インターネット、料理教室などで情報を
   得てご自身で加工をお願いします。
Q2.梅干を干すことと、梅干加工料理教室の開催を希望します。
A2.都内でできそうな方と場所があれば検討いたします。
Q3.梅干を干す場所が見つからないのですが。
A3.ご家族で少量対応の場合ですと、ベランダでザルで干したり
   しています。団体ですと、共用施設の庭や屋上で対応されて
   いる方がいるようです。

▲ Page Top
| HOME | 稲作オーナー | 田植え体験 | 稲刈り体験 | 野菜収穫体験 | 果物収穫体験 |
| バーベキューサービス | 料理教室 | 出張 昼市 | サバイバル・コミュニケーション・フィールド |
| 生産者紹介 | よくあるご質問 | 運営者表記 |
(C)Copyright 合同会社九十九里振興