ホタル舞う里で体験農業 お問い合わせフォームへ
HOME 稲作オーナー 田植え体験 稲刈り体験 野菜収穫体験 果物収穫体験 バーベキューサービス 料理教室 出張 昼市 サバイバル・コミュニケーション・フィールド

夏野菜収穫体験


<千葉で農業体験 夏野菜収穫>
枝豆を中心とした夏野菜の収穫体験を募集します。夏野菜の成長を注意深く見守りながら、農薬を限界まで減らした栽培で育った生き生きした力強い夏野菜を収穫してみませんか?
 夏野菜収穫体験時には、お父さんからの要望の強かった
「枝豆」、「なす」、「パプリカ」、「おくら」、 「ズッキーニ」、
「赤しそ」「にんにく」「じゃんぼにんにく」などの夏野菜収穫体験も挑戦します。

開催日:2020年 7月5日12、19日
生育状況によって若干の調整があります
雨天時は別途調整の上、連絡いたします。
集合時間:9時〜11時受付時間内の約25分


<当日の流れ>
予定集合場所より各自の車で1分から4分程度の移動。
朝獲りとうもろこしの試食、実際の指導・体験時間は25分
程度の予定。
集合場所:九十九里町藤下、または西野地区
予約が成立したお客様に個別にご連絡を差し上げます
駐車場場所は、農道・接道を予定しています。降雨の後、自動車の
運転において、自動車に泥がはねて汚れたりする場合があります。

ラベンダー摘み取り体験 60〜150本程度
1家族 1,000円 1株を2020年開催日に同時実施予定



体験農業開催地のトイレがありません。
できるだけ、高速道路のパーキングか、近隣商業施設のトイレでお済ませください。
持ち物:利用代金、デジカメ、タオル、
日焼け止め、ドリンク、軍手など
服装:帽子、ジャージ上下、着替えのTシャツ、タオル など
参加料金:枝豆1株 150円、
夏野菜各種 1個 150円〜
じゃんぼにんにく 1株 500円
最大同時利用人数:3家族
申込期限:各実施日の3日前18時まで
キャンセル・変更規定:参加予定日の3日前18時
電話での予約成立後、規定日時を経過してのキャンセルに関しては
予約事務手数料として、1,000円以上の振り込みをお願いしております
申込方法:インターネットより下記の申込フォームからお申込をお願いします。
支払い方法:とうもろこし畑で、収穫体験として購入したとうもろこしと枝豆の数、夏野菜を生産者と確認し、直接生産者に利用代金をお支払いください。

栽培方法:特別栽培
枝豆:茶豆系のプリンセス「湯上り娘」を栽培します。とても甘く、しっかりと詰まった1株あたりの実が多いことが特徴です。
参加特典1:「みきの湯」の日帰り入浴割引券を 差し上げます。大人は定価、小学校6年生まで無料。(タオルは別途料金)


申込み

<収穫体験参加者の方からの感想1>
今までいろいろな収穫体験をしましたが、とうもろこしに惹かれ応募しました。普段見るとうもろこしは、丈が高くそびえ実も二つ三つなっているのに、なぜ一本から一つの実しかとれないのだろうと不思議でしたが、農家の方の説明を聞き納得しました。
きっかけがないと知ることはなかったと思います。その他にも農家の方の作物に関する話が聞けました。
バキッと音をたて折るように収穫するのは、爽快感がありました。
また、農家の方が私の父と同じような雰囲気を持っていて、何かの縁を感じました。とうもろこしの他にご好意により、ナス、ピーマン、ジャガイモをいただきました。農家の方が掘り見つけたジャガイモをせっせと集めている娘の後ろ姿を見て、遊園地もいいが自然体験も大切なことだと改めて感じました。
当日の晩は、とうもろこしを茹でていただき、ナス、ピーマンは不揃いでしたが、どれもおいしくいただきました。
<収穫体験参加者の方からの感想2>
朝に収穫したとうもろこしがこれほど美味しいとは思いませんでした。スーパーで買うのとでは比較になりません。また、枝豆もすごいです。今にも飛び出しそうな、はち切れそうな枝豆は、甘味が詰まっていて家族で取り合いになりました。

<運営事務局 代表 鑓田より一言>
生産者の八角さんは代表 鑓田の親族にあたり、毎年、八角さんの
トウモロコシを食べています。とても美味しいのでオススメです。
八角さんの朝採りトウモロコシの試食を予定しています。 
 
▲ Page Top
| HOME | 稲作オーナー | 田植え体験 | 稲刈り体験 | 野菜収穫体験 | 果物収穫体験 |
| バーベキューサービス | 料理教室 | 出張 昼市 | サバイバル・コミュニケーション・フィールド |
| 生産者紹介 | よくあるご質問 | 運営者表記 |
(C)Copyright 合同会社九十九里振興